不動産を仲介業者を利用して売る

もっと広いところで生活がしたい、職場に近い場所に住居を構えたいなど、人によって住宅を売却する理由は様々です。なぜに不動産 鑑定は良い値が付きにくいのでしょう。住宅のような不動産を売却するには、不動産会社の協力なくして難しいのですが、実際不動産会社ではどのようにして土地や建物を売却しているのでしょうか。ここでは、不動産会社に預けた土地がどのようなプロセスで他人の手に渡るのかということをご説明していきたいと思います。

■新たな買主を探す

業者に売却を依頼した場合、買取と仲介という方法があります。現在では買取専門店という形態の業者もいますが、通常の不動産会社では買取と仲介両方の方法で売却することができます。仲介というのは不動産会社が買主を探してくれるシステムで、様々なネットワークを駆使して新たなオーナーを探してくれます。時には新聞に折り込み広告を入れたり、ポスティングしたりしながら集客を行っていくのです。その間オーナーは特に何もしなくてよく、そのまま任せっぱなしで大丈夫なので、気楽に売れるのを待っていればよいのです。仲介だと比較的相場価格に近い金額や、時にそれ以上の価格で売却することもできるというメリットがあります。

■仲介という売り方のデメリットは?

業者側が買主を探してくれるので非常に楽な仲介ですが、注意すべき点もあります。まず、仲介では新たな買主を探すので、時にそれが見つからないということも起こり得ます。土地や建物に限らず、物が売れるというのはタイミングが非常に重要となります。逆にいうと、タイミングさえあえばどんなものでも売れる可能性があるのです。縁日やお祭りの夜店で、どうでも良いような物を買ったことがある人もいると思いますが、あれはその場の雰囲気で買ってしまうのです。土地や建物も、なかなか買主が見つからない、タイミングが合わないということがあり、売れるまで時間が掛かってしまったり、また結局売れなかったりといったことも起こり得るので覚えておきましょう。

最近では、仲介で売れなかった場合に備え、買い取り保証を設けている業者もあります。これは、一定期間仲介で買主を探し、それでも買主が現れなかった場合、業者側が当初設定しておいた金額で買い取るというシステムです。売主側からすると一定期間後には確実に現金が手に入りますし、期間内に新たな買主が見つかる可能性もあります。仲介だけで売却するのが不安という方はこうしたシステムも利用してみてはどうでしょうか。

ページの上部へ